忍者ブログ

えのでん

毎日のこと、ちょっといつもと違うこと

夏も佳境

毎日暑いですね。
こんなに暑かったっけ?と年々思うようになってきました。

時間が経ちましたが、ちょっと夏休みをしてきました。

8月3日
地元新潟の長岡花火を見てきました。
子供の頃は毎年行っていたような気がします。親戚の家が近くにあるため、そこから親戚家族みんなで歩いて土手まで行って、ごちそうを食べながら花火を見たもんです。

今年は土手近くのイオンの屋上の特設花火観覧会場のチケットが当たったということで、屋上にてゆったりと花火を観覧いたしました。

日が落ちてゆくのを、ゆっくり待つのが花火の醍醐味であります。
遠くの山が街を囲み、土手には人がびっしりと陣地を取りその時を待ち、長岡音頭の祭り囃子がラジオから聴こえてきます。


時間も夜7時を回った頃、いよいよ打ち上げ開始であります!

ばーーーーーん!!!とまるでお腹を打たれたような音圧と、視界を次から次へと埋めていくような連続連続の打ち上げっぷりに、観客も拍手喝采です。

長岡花火というのは、花火のタイムテーブルを見ながら、次はどんな花火なのかの解説放送を聴きながら花火1つ1つを鑑賞して、あれはどーだこれはどーだを言いながら見るのが楽しいのです。

ただただ「綺麗だなー」ってだけじゃないのが良いのです。

佳境に入り、正三尺玉や大スターマインの連続で、会場みんな、大人も子供も大盛り上がりです。
そして最後を締める「フェニックス」。この花火は中越地震の復興祈願花火としてできたもので、とにかく締めに相応しい、約2〜3キロ10数カ所に渡って一気に打ち上げる、とにかく大規模な花火なのです。もはや写真やなんかを撮ってる場合じゃなくて、もう空全体を花火が覆っているような、そんな光景なのです。

フェニックスを見るのは3回目だけど、やっぱり今年も泣いてしまいました。

ありがとう花火師さん。



写真が下手過ぎて感動が伝わらないので、皆さん是非長岡花火を体験してみてください。

8月4日
翌日は弥彦神社へ行ってみました。
何故って弥彦線に乗りたかったから!

相変わらずなんてかわいいんでしょう。


0番線ってなんだかときめきます。


駅の中も良い雰囲気です。


山頂から新潟平野を望む。


帰りは夕暮れに染まる車窓を眺めて。


8月5日
夕方の新幹線までの時間少し遠回りして日本海を見てきました。
出雲崎の「天領の里」という所です。


何だかライブがあるらしくPAがドラムのチェックをしていたけど、あまりにキックがずれ過ぎてて、「ちょっとちょっと」と言いに行きそうになりました。
しかしこんなとこでライブしたら気持ちが良いだろうなー。


というこで短い夏休みはあっという間にすぎましたとさ。





最後に、8月はPH9のライブが少ないですが、1本弾き語りやります。
8月25日(土)uda2cafe'sにてやります。
京急屏風ヶ浦駅にある、ごはんのおいしいカフェです。この日は京急乗り回してから行こうかなと考えてます。夕方から神奈川方面でお暇な方は是非〜。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[03/14 あまのっち]
[03/03 じゅんや]
[12/05 マチルダ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
えのもとみゆき
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright © えのでん : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]