忍者ブログ

えのでん

毎日のこと、ちょっといつもと違うこと

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Plat Home Nineツアーファイナル@9/5下北沢ERA.

5/31新宿ナインスパイスで”severalfold”を発売し、都内、遠征を含め13本のレコ発ツアーが終了しました。

まずは9月5日下北沢ERAにお集り頂いた皆さん、本当にありがとうございました!
当日は終演後に深夜イベントが入っていたため、ライブ終了後かなり慌ただしく、皆さんに、ちゃんとご挨拶ができなかったことをこの場を借りてお詫び申し上げます。

そして出演してくれたFlying Izna Drop、piece of planet、57pictures、after the greenroom、からくり武者、本当にありがとうございました。
この5バンドそれぞれに私たちも各々思い入れがあります。もちろんやっている音楽が大好きなことが1番最初にありますが、そこから始まり活動の仕方や考え方などバンドとして尊敬出来たり、大事な友達であったり、となかなか1言では言えない気持ちがあります。

馬鹿な私は10年ちょっと前のバンドを始めた当初、「企画をやる」とか「バンド仲間」とかそういった他のバンドとの関わり合いを何故皆するのかが分かりませんでした。そんなものは必要ない、自分がうまくいけばそれで良いと思っていました。

しかし活動して行く上で、この5バンド然り、沢山のバンドと知り合い、お互い尊敬出来たり、ライバルになれたり、ライブを見て衝撃や影響を受けたりする事こそが、バンド活動をする上で何より大事なのだということを知りました。解散や脱退の報告で心を傷めたこともありますが、グリーンルームも、からくり武者も、イズナも、ピースも活動休止やメンバー脱退を経てまた今活動をしています。
この出会った人たちが居なければ、バンドを続ける事はできなかったし、これからも何があっても続けていたいと思わなかったです。

事前にお知らせしていた通りPlat Home Nineは9/5のツアーファイナルにてしばらくライブ活動をお休みします。この日この5バンドと同じステージに立てた事を光栄に思うと同時に必ずまた必ず
一緒にライブをやりたいと思いました。

しばらくライブはお休みですが、活動は続いていきますので、新曲を作ったりしたら何かしらお知らせをしていければと思ってます。
今後ともPlat Home Nineを宜しくお願いします!

 

9/5下北沢ERAセットリスト
1.phaseout
2.はるでん
3.屋根の下
4.ときに
en
かえで


PR

Plat Home Nine九州ツアー3日目おまけ編

随分間が空いてしまいました。
お待たせしました!3日目のおまけ編です。いや、誰も待ってないって?

3日目はもうライブは無いので、福岡観光の1日。

2日目の夜に止まったのが3人部屋だった。恐らく臨時で一つ追加された小さいベッドに、じゃんけんで負けた私は寝ていたのだが、2回ほどテーブルの角に頭を強打しながらも、うとうとと迎えた朝。

チェックアウトが済んだら今日も懲りずに電車に乗りに行くぞ!
天神にも行かず、太宰府にも行かず、ラーメンも食べずに向かったのは、そう、香椎線。

博多駅のホームには様々な電車がやってくる。しかも東京じゃ見られない電車ばかりだ。
電車を待っていたところ偶然にも遭遇したのは、時間も金も山ほどある選ばれし者しか乗車出来ない超豪華列車「ななつ星」。
しかもちょうど発車するところで、乗客も乗務員も一般人に向かって手を振っている。

優雅

という言葉を形にするとこいうことになるのだな。
ここまでくると、あまり乗ってみたいと思えないのは天邪鬼ですかね。でも、ホテルに泊まるのと変らない気がしてね。それに車窓は普通列車も一緒だしね。だったら別に普通列車でのんびり行くのでいいなぁ。と思うわけです。



まずは鹿児島本線で香椎まで。昨日聞いた情報で、西鉄を使った方が良いとのことだったが、時間が足りなくてJRのみで行ってしまった。
そして待ちに待った香椎線乗車!!
私はななつ星よりこっちの方が好きだ。


別に電車が好きでもない安住さんと中島をよそに疲れも吹っ飛ぶプラット3分の2名。
香椎線は結構短い路線で出発したらあっという間だった。
本当は海ノ中道公園を散策しようかと思ったが、思いのほか時間が無く、終点西戸崎まで行き、帰りはフェリーで博多港に戻ることにした。

車窓は海が見えるとおもいきや、そうでもなかった。
人気(ひとけ)の無い西戸崎。

船の出発まで時間があったので、この旅の目的を一つ果たす事にする。
8月にリンキーディンクスタジオのオリジナル番組で「ときに」のMVを流してもらうことになり、それと一緒に流す用のコメントの撮影をする。

あまり内容を考えておらず、5テイクくらい録り直していると早くも船の出発時間が迫り、なんとかコメントが完成。噛んでますが許してね。

フェリーも我々4人と1組の夫婦のみ。海風が気持ちよい。

 船だと更にあっと言う間で15分ほどで博多港に戻ってきてしまった。
旅ももうすぐ終わり。背中に漂う哀愁。

博多港に戻るとすぐに雨がぱらつき始めた。
バスで博多駅も戻ったが、ついた頃には土砂降りに。
今回の旅では晴れたり急に大雨になったりと、九州の変りやすい天気も何度も味わった。

そして今回のツアーを組んでくれた、お世話になった安住さんに別れを告げ空港へ。
最後に一つやり残した事があった。それをせずには東京には戻れんばい。

とんこつラーメンを食べるぞ。

空港にはお土産もラーメンも沢山あるという噂だったが、私たちが行った第一ターミナルは割とこじんまりとしていて、唯一発見した空香らーめんという店で、念願の博多とんこつラーメンをいただく。
ラーメンと明太子丼のセットを頼んだなかじを見て、ラーメンしか頼まなかった外山君は、「そっちにすればよかったー。。まじでそっちにすればよかったー…」とめちゃくちゃ後悔しており、いつもの節約して頑張っている外山君が帰りのお土産物屋で90グラム1000円もする明太子を、さらっと買っていたのがこの旅最後の思い出であった。

遅刻から始まり色々ハプニングもあったけど、無事九州ツアー終了!

帰りの飛行機で食べた冷凍みかん「むかん」はなんと家の近くのセブンイレブンでも売ってましたとさ。




最後に…
今回九州に行けたのは安住さんのお陰でした。3年前にも一度行きませんか?とお誘いを頂いたけれど、当時はバンド状況が今と違ったため断念したのでした。severalfoldが出来て、今なら行けるぞ!というタイミングで安住さんにお願いしたところ快くツアーを組んでくれました。
「一度来ればね!行くきっかけになるパイプを作りたいんだよ。」と安住さんは言ってました。そのとおりで、行くまでは楽器を持って飛行機の乗るのも怖かったし、右も左も分からない街でのライブに不安もあったけど、安住さんが現地での流れを事前に教えてくれたり、告知もしてくれていたお陰で、地元の人たちにライブを見てもらって、地元で活躍しているバンドとも交流できました。

この3人体制で九州に行けて良かったです。
どうもありがとうございました!!






Plat Home Nine九州ツアー福岡編

7月20日
ということで前日の熊本の興奮も冷めやらぬ中、安住さんも加わり4人で福岡を目指します!

見逃した熊本城に遠目から別れを告げ市電で熊本駅へ。


しかしながら寝不足は否めないまま熊本駅で朝ご飯を買い、鹿児島本線に乗車。
朝から電車に乗れる喜びを噛み締めJR九州の主力車両817系に初乗車!

座席がすごい。頭のクッションもふかふかしてる。ボックスに早変わりする便利なシート。
水戸岡モデル初体験に一気に眠気が吹っ飛ぶ。
 
車窓はのどかな田畑や山々の風景。
たまに外山君の見どころ解説も入り、満足の鹿児島本線でした!

昼過ぎに博多駅に到着。到着と同時にソニックにも遭遇。さすが博多駅。


ホテルにチェックインして少し休んでからすぐに本日お世話になる薬院Uteroへ。
博多駅からは便利な100円バスで移動する。

渡辺通り1丁目で降りるよ!という安住さんの指示に従いバス停で降りると、なにやら1人足りない。
バスの中に平然と立ち尽くす、なかじの姿が…。
そしてそのままバスは行ってしまった。この旅3度目のハプニング。初めての土地はやっぱり分からないもんですね。
私と外山くんは一足先にUteroへ。安住さんはなかじを探しに博多の街へ。
しばらくして、なかじ到着。
リハを終え一同ウエストといううどん屋へ行く。九州ではメジャーなチェーン店らしい。
ここはやはり福岡ということで、釜玉明太うどんを注文。
明太子がちゃんと辛くてすごくおいしかった!

それにしても博多は都会だったな。天神も行ってみたかったけど時間がなくて寄れずじまいだった。

この日は18時30分と通常の時間にスタート。
我々は4番目でしたが、お客さんも沢山いて皆さん暖かく見てくれてる感じがしました。
前日はちょっと固かったけど本日は2日目ということもあり、リラックスして演奏できた気がします。これが終わったらもうツアーもほとんど終わりか、と思うと名残惜しく思えました。


最後はthe campsさん。初めて見たけど圧巻のオーラと良い意味での緩さも相まってライブの本来の楽しみ方を再確認させられました。

終演後打ち上げに行く前にPAの山中さんに電車と城とラーメンの話を沢山聞きました。

打ち上げは対バンしたNYAIさんと外山君の大学時代の後輩の方と一緒に「太っ腹」という何だかお洒落な居酒屋へ。九州では当たり前に売っているという、うまかっちゃん というラーメンとブラックモンブランというアイスの話で盛り上がる。
確かに地元で当たり前だったものが、そういえば東京では見かけない、ということは結構ある。
新潟でいえば、もも太郎 というアイスは当たり前にあったけど東京じゃ見かけないし、イタリアンもB級グルメで認知されたもののやっぱり新潟でしか食べられない。

ここで食べた山芋の鉄板焼きがめちゃくちゃ美味しかった。
前回の日記で書き忘れたが、熊本で食べたちくわサラダもすごく美味しかった。
正直馬刺しより好きだった。私の舌は安上がりなんだろうなぁ。



帰りにスーパーとコンビニに寄ってうまかっちゃんとブラックモンブランを購入。
ホテルに戻ると倒れ込むようにリズム隊が寝てしまった。

2日間夢のような時間を過ごしました。安住さん本当にありがとうございます!
疲れていながらも、みんな良い顔。

 
深夜にアイスを食べる。そしてなんと当たりが出た!もう1本もらえるらしい。


九州ツアーおまけの1日編に続く。








Plat Home Nine九州ツアー熊本編

今回severalfoldツアーの最大の山場である九州ツアーが無事終わりました。
台風もなんとか通り過ぎ、初めての飛行機での遠征でのいくつかのハプニングも乗り越え、いくつかの電車も制覇し、九州の方々との交流もし、未だかつて無い素晴らしい3日間でした!

少しづつですが、振り返ってみましょう。

7月19日
早朝。始発で出発する予定で前日の9時には床に就いたはずだった。あまりの寝苦しさにベッドで寝たり床で寝たり麦茶を飲んだりと繰り返すこと4時間。ようやく眠りについたかと思えば、時計の針はなんと乗るはずの始発電車の時刻をさしている。
自分も世界も信じられないまま、ただ我武者らに用意した荷物を持って顔も洗わず家を飛びだしたが、間に合うはずもない。
始発直後は本数も少ない。結局急いだのにホームで15分の足止めをくらう。
即震える指で外山君に連絡し、別のルートを検索。なんとかギリギリで成田行きのバスに乗れるルートが見つかり一安心するが、1分2分を争う到着時間なので、余談を許さない状況だ。

日本橋で降りてひたすら走る。なんて重い荷物なんだ。総重量13キロの荷物を抱え、ここ数年で一番焦って走った。

そして1人不安そうにバスを待つ外山君の姿が!
なんとか間に合った。

東京から成田まではバスで1時間ちょっとであっという間に着いた。
しかしこの時点でもう3日分の体力を消耗したくらい疲れていた。

右も左も分からない飛行機初心者のうちらでさえ、スムーズに手続きできた第三ターミナルは素晴らしい。店も近くで便利だった。

そして出発。高い所が苦手ななかじを除いて、滅多に乗れない飛行機にテンションが上がる。
飛びったった直後は青空で富士山も見えたがだんだん曇っていき窓の外は真白になってしまった。


10時30分熊本到着。なんて早いんだ。いつもバイトに出勤してタイムカードを押す時間にもう熊本にいるなんて…。1日って長いんだな。

それにしてももの凄い湿気でもわーっとしている。雨も降り出しそうだ。

熊本空港からバスで市街地へ。
1時間弱で本日お世話になる熊本NAVAROの近くの通町筋に着いた。

重たすぎる荷物をホテルに置いて熊本を堪能すべく街に繰り出した。
まずはお昼ご飯。なかじがどうしても馬刺を食べたいと言うので、ランチをやっている焼き肉屋にて馬刺を注文。高い!普段の金銭感覚では信じられない値段の一皿の馬刺を3人でいただく。



腹ごしらえをしここからは私と外山くんの趣味の時間となる。
電車に乗りに行くぞ!

まずは熊本市電。
なんと床が木!なんとも趣のある車両!興奮していたら行き先を間違えて乗っていた事が発覚し、急いで降りた直後大雨に降られ、目的の路面駅まで走るはめに。今日はよく走る日だ…。
気をとりなおしてもう一度乗車。


熊本駅に到着。
今回の熊本での旅の目的50%くらいをしめる、三角線に乗りにいく。
ディーゼルですね!初めて九州の電車に乗るよ!

乗るよ!


写真が多めですが、その方が伝わるかと思うのであしからず。
終点三角を目指します。車窓には海が。美しい干潟のおこしき海岸。この時間は干潟ではないですがとてもきれいな眺めでした。ディーゼルの音、人の少ない車内、幸せです。
 

三角駅に到着!


今夜ライブをするとは思えないただの乗り鉄旅と化しているが、時間はまだ昼の15時。いつもランチのバイトのタイムカードを切る時間ですね。1日長いな。
 
この海の向こうが天草の島々。
さすがに天草まで行っている時間はないので、熊本に戻る。
本当に美しい車窓だ。来て、乗れて良かった…。


熊本駅に戻り今日の本題、九州ツアー初日の熊本NAVAROへ。
ライブハウスの入り口を開け中に入ると一気に気持ちが引き締まる。
リハをして間もなく、3日間のツアー最終日のペガサスさんが到着。
大分からのバスが遅れて大変だったらしい。そして今回のツアーを組んでくれた安住さんと再会。
この離れた土地で馴染みのある人に会えるとすごくほっとする。
本番は20時スタートと遅め。
ちょいと緊張してしまいましたね。でも演奏している間に何だかとっても感慨深くなってきて、今熊本で演奏してるんだなぁ、とじわりじわりと喜びを噛み締めました。

終わったあと熊本の電車の話もお客さんと出来たし、三角は明治の産業革命遺産があるという話も聞いたりしました。行けばよかったですねぇ。TシャツもCDも買ってくれた方々にも本当に感謝でした。


ペガサスのライブはすごかった。声の音圧。こんなバンド初めて見たな。思わずCDを購入。タイトルが「呪われた世界」。合唱バンド私も参加したい。



ライブ終演後はみんなで打ち上げへ。夜の熊本市街地はちょっと大阪を思い出した。
Doit scienceの、きよたさんと、どいさんとも話ができて嬉しかったです。

この日の宿はカプセルホテル。初めてのカプセルホテルだったけど、狭さが心地よかったし大浴場もついていてなかなか良かったな。

次回2日目福岡編に続く。







6/21@郡山PEAKACTION

少々遅くなりましたが、郡山の思い出を書き残します。

今回は57picturesの天野氏に運転をお願いして4人の遠征となりました!
何だか少し怪しい雲行きで、雨が降ったり止んだりと繰り返しながらもあっという間に郡山に着きました。
 
PEAK ACTIONは3年前adagiettoをリリースした時にRedd Templeに呼んでもらい、唯一の遠征でafter the greenroomと一緒に訪れました。あのときのライブはフロアがとにかく暖かくて、言葉を交わすように歌えたのを覚えてます。

早く着いてしまったのでPEAKACTIONの上のstudio tissue boxであらかわ君とお話したり、外山君と郡山駅に行ってホームで写真を撮りまくったりしました。

3年前にもこの転車台を見て嬉しかったな。また会えて良かった!


外山君に写真を撮ってもらったが、顔が見切れとる!!



赤べこさん!

やっぱり駅に来ると遠征に来た感じがしますね。

そして雨は降り続き、時間があったので散歩に出かけました。
この鳥居、3年前は地震で壊れていたんです。きれいに修繕されていました。


そしてスタート。
この日の出演していたバンド、弾き語り、全員素晴らしかったんです。音楽って楽しいな、と素直に思いました。こんなこと言うとアレですが、もはやCDが売れようが売れまいが別に良い、ここで演奏出来る事が何よりだ、と思いました。そういうフロアとの一体感がたった2回目のこの土地で生まれるのはPEAKACTIONの力なんだと思いました。
私の中でのハイライト、藤野恵美さん、最高でした。音楽を聴いて涙が出たのはいつぶりだろう。藤野さんの歌に出会えて良かったです。「酒場マチルダ」というリリースされたばかりのCDを買いました。大事に聴きたいです。

そしてこの1日を作ってくれた篠原さん。今年に入って見る機会も増え、曲もほとんど覚えてます。
人間の生温さがじわりと伝わってくるような歌。郡山で聴けて本当に良かったです。
終わったあと話していたら、「すすきが原」を何故か「関ヶ原」と聞き間違えていた篠原さん。おもしろい人です。


雨は結局最後まで降っておりましたが、終演後はラーメン屋でみんなで1杯飲んでお開きでした。
帰り道佐野PAで深夜にレモン牛乳を買う男たち。ちなみに私は牛乳飲めません。


ありがとうございました。

6/21郡山PEAKACTION
1 ときに
2 サイリウム
3 APR
4 phaseout
5 はるでん
en
ときに



次回ライブは7/11(火)下北沢ERA
modiレコ発企画です!

そして次の遠征はいよいよ九州ツアー!
7/19(日)熊本NAVARO
7/20(月祝)福岡薬院UTERO

博多駅行くぞ!熊本市電乗るぞ!



カレンダー

09 2016/10 11
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

[03/14 あまのっち]
[03/03 じゅんや]
[12/05 マチルダ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
えのもとみゆき
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright © えのでん : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]