忍者ブログ

えのでん

毎日のこと、ちょっといつもと違うこと

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Plat Home Nine九州ツアー熊本編

今回severalfoldツアーの最大の山場である九州ツアーが無事終わりました。
台風もなんとか通り過ぎ、初めての飛行機での遠征でのいくつかのハプニングも乗り越え、いくつかの電車も制覇し、九州の方々との交流もし、未だかつて無い素晴らしい3日間でした!

少しづつですが、振り返ってみましょう。

7月19日
早朝。始発で出発する予定で前日の9時には床に就いたはずだった。あまりの寝苦しさにベッドで寝たり床で寝たり麦茶を飲んだりと繰り返すこと4時間。ようやく眠りについたかと思えば、時計の針はなんと乗るはずの始発電車の時刻をさしている。
自分も世界も信じられないまま、ただ我武者らに用意した荷物を持って顔も洗わず家を飛びだしたが、間に合うはずもない。
始発直後は本数も少ない。結局急いだのにホームで15分の足止めをくらう。
即震える指で外山君に連絡し、別のルートを検索。なんとかギリギリで成田行きのバスに乗れるルートが見つかり一安心するが、1分2分を争う到着時間なので、余談を許さない状況だ。

日本橋で降りてひたすら走る。なんて重い荷物なんだ。総重量13キロの荷物を抱え、ここ数年で一番焦って走った。

そして1人不安そうにバスを待つ外山君の姿が!
なんとか間に合った。

東京から成田まではバスで1時間ちょっとであっという間に着いた。
しかしこの時点でもう3日分の体力を消耗したくらい疲れていた。

右も左も分からない飛行機初心者のうちらでさえ、スムーズに手続きできた第三ターミナルは素晴らしい。店も近くで便利だった。

そして出発。高い所が苦手ななかじを除いて、滅多に乗れない飛行機にテンションが上がる。
飛びったった直後は青空で富士山も見えたがだんだん曇っていき窓の外は真白になってしまった。


10時30分熊本到着。なんて早いんだ。いつもバイトに出勤してタイムカードを押す時間にもう熊本にいるなんて…。1日って長いんだな。

それにしてももの凄い湿気でもわーっとしている。雨も降り出しそうだ。

熊本空港からバスで市街地へ。
1時間弱で本日お世話になる熊本NAVAROの近くの通町筋に着いた。

重たすぎる荷物をホテルに置いて熊本を堪能すべく街に繰り出した。
まずはお昼ご飯。なかじがどうしても馬刺を食べたいと言うので、ランチをやっている焼き肉屋にて馬刺を注文。高い!普段の金銭感覚では信じられない値段の一皿の馬刺を3人でいただく。



腹ごしらえをしここからは私と外山くんの趣味の時間となる。
電車に乗りに行くぞ!

まずは熊本市電。
なんと床が木!なんとも趣のある車両!興奮していたら行き先を間違えて乗っていた事が発覚し、急いで降りた直後大雨に降られ、目的の路面駅まで走るはめに。今日はよく走る日だ…。
気をとりなおしてもう一度乗車。


熊本駅に到着。
今回の熊本での旅の目的50%くらいをしめる、三角線に乗りにいく。
ディーゼルですね!初めて九州の電車に乗るよ!

乗るよ!


写真が多めですが、その方が伝わるかと思うのであしからず。
終点三角を目指します。車窓には海が。美しい干潟のおこしき海岸。この時間は干潟ではないですがとてもきれいな眺めでした。ディーゼルの音、人の少ない車内、幸せです。
 

三角駅に到着!


今夜ライブをするとは思えないただの乗り鉄旅と化しているが、時間はまだ昼の15時。いつもランチのバイトのタイムカードを切る時間ですね。1日長いな。
 
この海の向こうが天草の島々。
さすがに天草まで行っている時間はないので、熊本に戻る。
本当に美しい車窓だ。来て、乗れて良かった…。


熊本駅に戻り今日の本題、九州ツアー初日の熊本NAVAROへ。
ライブハウスの入り口を開け中に入ると一気に気持ちが引き締まる。
リハをして間もなく、3日間のツアー最終日のペガサスさんが到着。
大分からのバスが遅れて大変だったらしい。そして今回のツアーを組んでくれた安住さんと再会。
この離れた土地で馴染みのある人に会えるとすごくほっとする。
本番は20時スタートと遅め。
ちょいと緊張してしまいましたね。でも演奏している間に何だかとっても感慨深くなってきて、今熊本で演奏してるんだなぁ、とじわりじわりと喜びを噛み締めました。

終わったあと熊本の電車の話もお客さんと出来たし、三角は明治の産業革命遺産があるという話も聞いたりしました。行けばよかったですねぇ。TシャツもCDも買ってくれた方々にも本当に感謝でした。


ペガサスのライブはすごかった。声の音圧。こんなバンド初めて見たな。思わずCDを購入。タイトルが「呪われた世界」。合唱バンド私も参加したい。



ライブ終演後はみんなで打ち上げへ。夜の熊本市街地はちょっと大阪を思い出した。
Doit scienceの、きよたさんと、どいさんとも話ができて嬉しかったです。

この日の宿はカプセルホテル。初めてのカプセルホテルだったけど、狭さが心地よかったし大浴場もついていてなかなか良かったな。

次回2日目福岡編に続く。







PR

6/21@郡山PEAKACTION

少々遅くなりましたが、郡山の思い出を書き残します。

今回は57picturesの天野氏に運転をお願いして4人の遠征となりました!
何だか少し怪しい雲行きで、雨が降ったり止んだりと繰り返しながらもあっという間に郡山に着きました。
 
PEAK ACTIONは3年前adagiettoをリリースした時にRedd Templeに呼んでもらい、唯一の遠征でafter the greenroomと一緒に訪れました。あのときのライブはフロアがとにかく暖かくて、言葉を交わすように歌えたのを覚えてます。

早く着いてしまったのでPEAKACTIONの上のstudio tissue boxであらかわ君とお話したり、外山君と郡山駅に行ってホームで写真を撮りまくったりしました。

3年前にもこの転車台を見て嬉しかったな。また会えて良かった!


外山君に写真を撮ってもらったが、顔が見切れとる!!



赤べこさん!

やっぱり駅に来ると遠征に来た感じがしますね。

そして雨は降り続き、時間があったので散歩に出かけました。
この鳥居、3年前は地震で壊れていたんです。きれいに修繕されていました。


そしてスタート。
この日の出演していたバンド、弾き語り、全員素晴らしかったんです。音楽って楽しいな、と素直に思いました。こんなこと言うとアレですが、もはやCDが売れようが売れまいが別に良い、ここで演奏出来る事が何よりだ、と思いました。そういうフロアとの一体感がたった2回目のこの土地で生まれるのはPEAKACTIONの力なんだと思いました。
私の中でのハイライト、藤野恵美さん、最高でした。音楽を聴いて涙が出たのはいつぶりだろう。藤野さんの歌に出会えて良かったです。「酒場マチルダ」というリリースされたばかりのCDを買いました。大事に聴きたいです。

そしてこの1日を作ってくれた篠原さん。今年に入って見る機会も増え、曲もほとんど覚えてます。
人間の生温さがじわりと伝わってくるような歌。郡山で聴けて本当に良かったです。
終わったあと話していたら、「すすきが原」を何故か「関ヶ原」と聞き間違えていた篠原さん。おもしろい人です。


雨は結局最後まで降っておりましたが、終演後はラーメン屋でみんなで1杯飲んでお開きでした。
帰り道佐野PAで深夜にレモン牛乳を買う男たち。ちなみに私は牛乳飲めません。


ありがとうございました。

6/21郡山PEAKACTION
1 ときに
2 サイリウム
3 APR
4 phaseout
5 はるでん
en
ときに



次回ライブは7/11(火)下北沢ERA
modiレコ発企画です!

そして次の遠征はいよいよ九州ツアー!
7/19(日)熊本NAVARO
7/20(月祝)福岡薬院UTERO

博多駅行くぞ!熊本市電乗るぞ!



severalfoldリリースツアー@甲府&越谷

severalfoldも無事発売され、ツアーが始まりました。
その模様をお届けしたいと思います。

6/13(土)は甲府KAZOOHALLにてライブをしてきました。
今回も57picturesと一緒です。
甲府はPH9としては2回目、あとはちょくちょく私と外山氏は各々電車の旅の道中、甲府を通りすがることもしばしば。

目の前が身延線の線路が通っているという電車ビューなライブハウスはなかなか珍しいのではないでしょうか。

ツアー先で仲間と一緒なのはとても心強いし、負けたくないなというライバル心も芽生えるので、前回の大阪に引き続き今回も57と来れたのはとっても嬉しかったです。





対バンしたGlove Sensesさんは聞くところによると自分の父母より少し若い世代の方々で、もう数十年前から一緒にバンドをやっていて、活動も止まらずにずっと続けているらしく、そんな人たちの言葉の1つ1つに頷いている自分がいました。
こんな風に続けられたらいいと本当に思いました。


翌日6/14(日)は越谷EASYGOINGS。

荷物が多かったので前日の名残で車での移動。しかし、思っていたより越谷は近かった!
ハルカカナタや57や、やまみなど知っているバンドがよく出ているのに来た事がありませんでした。
到着してすぐに見た、新潟から遠征で来ていた"しょしょ"がリハの時点ですでにめちゃくちゃかっこよくて気合いが入りました。
某定食チェーン店にてお昼ごはんを食べていたところ、リズム隊が食べていた冷や汁と焼き魚の定食の焼き魚が、鯵なのか鯖なのかで議論が勃発しましたが、無事食事を終えライブスタート。



やっぱりしょしょは圧巻のライブでした。勢い余って手刷りだというTシャツを購入してそれを着てライブをやりました。



最後に出ていた殺し屋ベイビーも激渋でした。


この日は20歳くらいの若い人のバンドもたくさん出ていてまた前日とは違った刺激を受けました。
初めて見てくれてCDとTシャツを買ってくれた人もいて、嬉しかったなぁ。
音楽一つでこんなに色んな世代の人たちと関われるというのはツアーならではなんだろうと、ひしひしと感じました。

帰り道リンガーハットで腹がはち切れんばかりの食事をし、無事帰宅。
結局運転は全てNKZ任せになってしまい不甲斐なかったですよ。
チャンスがあれば私も運転したいのだけど…。

最後にしょしょのCDを車の中で聴いたら謎のタイトル出てきました。なんかこわい。


6/13甲府KAZOOHALL、6/14越谷EASYGOINGS
1ときに
2サイリウム
3phaseout
4すすきが原
5はるでん

次回は6/21(日)郡山PEAKACTIONです!





Switch Back vol.5終了

2015年5月31日、Switch Back vol.5が無事終了しました!
出演してくれたchifs、oh my god,you've gone、ハルカカナタ、Flying Izna Drop、Pocalis、DJゆうくん、そしてナインスパイス、なにより来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。

この5バンドは本当に心からリスペクトしているバンドであり、それと同時に負けたくないバンドでもあります。あれだけ素晴らしいライブを見てそのあと自分が出るというのは企画では当たり前のことだけど、挑戦です。ゴッズ以外はみんなスリーピースだったのもそんな気持ちの現れだったと思います。

”severalfold”も発売でき、一安心しております。
ベースの外山太郎がツイッターで端的に的確に書いてましたが、このアルバムはこの1年が凝縮されてます。はるでんは春に、サイリウムは初夏に、ときには夏の終わりに、12月16日の煙は秋から冬に作ったもので、自分で聴くと季節の移り変わりと曲がリンクして去年1年を思い出します。



去年の頭に3人になって4人でやっていた曲をやってみて、でもどうしてもマイナス1にしかならないし、このままでは進めそうにないじゃないか…と思った時に、当初サビしかなかった「はるでん」を作り直して3人でやってみたら、何だか3人でも出来そうな気がして、そこから今のプラットは始まりました。
その曲を一昨日最後にやって、みんなが一緒に歌ってくれて、ぐっとくるものがありました。


6月から遠征が始まり、毎週のようにライブがあります。
楽しみです。どこかで会いましょう。

“severalfold"リリースツアー
6/13(土) 甲府KAZOO HALL
6/14 (日)越谷EasyGoings
6/21 (日)郡山Peak Action
6/28(日) 渋谷club乙
7/7 (火)下北沢ERA
7/19 (日)熊本Navaro
7/20 (月)福岡薬院Utero
7/26 (日)下北沢ERA
8/1 (土)大宮ヒソミネ

9/5(土)下北沢ERA ツアーファイナル自主企画

"severalfold"をどうぞ宜しくお願いします。




ミュージックビデオ「ときに」のメイキング

新しいMV「ときに」は見てくれた皆さん、ありがとうございます。
今日はこの映像を作るにあたってのアレコレを紹介したいと思います。

今作のテーマは「髪を切る!」以上!

今回もPlat Home Nine結成当初からアー写やライブ映像等撮影してくれている、青木さん通称aokilabにお願いしました。
漠然としたイメージで私が書いた、酷い絵の絵コンテから色々膨らませてくれました。
それにしても我ながら絵が下手すぎでした…。




ということで、思えば私ももう1年近く伸びっぱなしの頭で、外山君にいたっては7年ぶりの美容院での散髪らしく、この切り甲斐のあるこの頭たちをカットしてくれたのは、今回撮影に協力してくれた美容室ビードロの店長、ナガオカダイゴロウさんです。
ビードロは私が2年前くらいから通っている美容室で、ナガオカさんとは初めてお店に散髪に行った際、音楽の話で盛り上がり仲良くなって以来、ずっとお世話になっています。





そしてうしろでチョロチョロ何やら動いている人に気付きましたか?
そうです。講釈師の小野田せっかくさんです。
「コミカルな美容師アシスタント役」で出演してくれました。下北沢にて「わろっす寄席」という落語イベントを勢力的に行い、色んな撮影のエキストラもこなしている方です。私も弾き語りで何度も「わろっす寄席」に参加させて頂きました!
うしろの動きは、ほぼアドリブなんですよ。映像に使われているのはほんの一部で他にもおかしなアクションをしてくれました。撮影中おかしくて真顔でギターを弾くのが辛かったです。



出演者を紹介したところで、では始めの歩いている映像ですが、これはスタビララザーという移動しても映像が揺れない機材(こんな説明だと青木氏に怒られそうですが)で何やらハイテクでかっこいい機材でした。

真夏のような暑さの下北沢の路地をうろうろして撮影しました。
この機材はもの凄く重くて、青木氏汗だくでした。たぶんジムでトレーニングするよりきついと思います。

そしていざ散髪シーンの撮影です!
集合は早朝7:00。
皆さんお忙しい中集まってくれていたのでタイムリミットがあり、緻密なタイムテーブル通り撮影が進みました。
 
寝ぼけ眼のNKZ32

映像をご覧頂いた方は分かると思いますが、このカットのシーンは倍速になっているのです。
なので楽器の演奏は2分の1のテンポで撮影しました。なのでBPM36という、大変のろ〜い「ときに」に合わせて演奏したのです。



ちなみに最初私が読んでいる雑誌は、1980年2月号の鉄道ファンです。


自分の出番以外はエキストラとして出演してましたので、私は演奏含め3役やりました。
 

そして最後、一番の変貌と遂げた外山君。まるで別人のようでした。
床に出来た髪の山で作った外山君の方が馴染みあるほどでした。

 

ミュージックビデオとしては2作目になりますが、こんなに人に協力してもらい1つの作品を作ったのは初めてでした。カメラの前でもいつも通り、むしろ素早く丁寧に完璧なカットをしたナガオカさん、青木氏の指示に従いつつも、次から次へと奇想天外なアドリブでコミカルさを演出してくれた小野田せっかくさん、そして、私たちの意見も聞きつつアイデアを形にして現場を全て仕切ってくれた青木氏、そして当日青木氏のアシスタントとして朝から駆けつけてくれた石塚さん。
本当にありがとうございました。

皆さんの協力があって「ときに」大事な作品になりました。

そして今日から「severalfold」リリースツアーが始まります。
まだ見てない方は是非ご覧ください!

Plat Home Nineホームページ
http://www3.to/ph9

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[03/14 あまのっち]
[03/03 じゅんや]
[12/05 マチルダ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
えのもとみゆき
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright © えのでん : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]