忍者ブログ

えのでん

毎日のこと、ちょっといつもと違うこと

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

septemberとoctober

9月から始めたイタリアンバーの時給が900円になったと思いきや、また850円になってたという事件が勃発しているそんな今日この頃。

先日もうすぐ1歳になる、友達の某バンドマンの息子に会ってきた。素直に滅茶苦茶かわいいと思った。この小さな一人の人間が、いずれ自我を持ち、人と関わり、生活をし、大人になって、働いて、生きていくのかと、思うととんでもなく果てしなく、そしてまた自分もこの様に生きてきて、今こうして生活しているのだな。と改めて思ったりしてみた。親ってすごいなー。どれだけお世話になったんだか。。

とりあえず、大人になったら変なバイトに引っかからない様に気をつけて生きていっておくれよ。

日付変わって今日は、57pictures企画ソラニシズムですよーー!

11/18(日)新宿Wild Side Tokyo
57pictures presents『solanisism5-ソラニシズム-』

open/start 17:30/18:00_adv/door ¥1,800/¥2,100

57pictures / Plat Home Nine / Pygmalion / If I Ran The Circus / Ending Story of Da~ni_da / DJ:α / art:鈴-suzu-

プラットは20時15分頃出演予定。

ということで、この日のためになんとか間に合った新曲の歌詞を載せてみようかと思います。ちょっと前からやり始めている「september」も一緒に。

[september]

いりくんだ迷い道 白い風の音をたよりに
からむ糸解けたら 岐路の先 光るとき

暮れてゆく陽を眺めては 窓の向こう見慣れた街
やがて明けてゆく夜を 誰もが皆 知っている

ああ 振り返れば誰かが手を振っている
通り雨が僕らの歩みを濡らすから
ああ もう少し遠くまでいけたなら
探しものは いつも同じところにある


[october]

嵐の去った街に 冷たい風が吹いた
オレンジの小さな粒 懐かしい想いを運んでくるよ

強い雨に打たれることもなく
日のあたる長い道を歩いてゆけば
手に余り捨てたものは取り残された
音楽は流れてゆく 映画の終わりのように

覚えてゆく感覚は
積み木のお城の中で大きくなってゆく
重ねた月日の数だけ
私の影はどこへゆくの?

強い雨に打たれることもなく
日のあたる長い道を歩いてゆけば
手に余り捨てたものは取り残された
音楽は流れてゆく 映画の終わりのように







PR

過ぎ去りしバーベキューの思い出

書こう書こうと月日は過ぎて、あっという間にもう11月も中旬だー。

ちょっと前になってしまったけど、先日ますだ氏主催の相模湖の山でバーベキュー大会に参加してきた。

かなり気合いの入ったバーベキューで、私たちは翌日ライブだったので日帰りだったが、他の皆はなんと泊まりがけで飲みまくり食べまくりするようだった。

高尾駅に集合して皆でスカ色の115系に乗っていざ相模湖へ!
実は今回のメンバーでは鉄道好きが若干名居たので、そんなナイスなメンバーと一緒にこいつに乗れるのは、格段に楽しい!!




山へ登ると、最高の見晴らし。赤くなりかけた紅葉も楽しめるなぁ。と思いきや、いざ肉が焼けると、景色そっちのけで肉に食らいついた。


57Picturesの天野氏は流石、火付け職人となり炭の命を守り続けていた。
そしてご飯までも炊いてしまうアウトドアっぷりだった。
このご飯、美味かった。空の下で食べる肉と炊きたてのご飯は、幸福の味だった。




いつもライブハウスでしか会わない皆とこうして遊ぶのは新鮮だった。
日帰り組はなにせ時間が足りなかったなーー。

そんなバーベキューな人たちのイベントが来週に迫ってきた。

11/18(日)新宿Wild Side Tokyo
57pictures presents『solanisism5-ソラニシズム-』

open/start 17:30/18:00_adv/door ¥1,800/¥2,100

57pictures / Plat Home Nine / Pygmalion / If I Ran The Circus / Ending Story of Da~ni_da / DJ:α / art:鈴-suzu-

プラットは20時15分頃出演予定。

うちらもなんとか新曲が間に合い、この日に向けての準備が整いました。
あとはお客さんが来てくれれば!

先日からやり始めた新曲「september」に続く「october」です。

僅かながらこの2曲はすでにライブで演奏する前から手応えを感じています。
早く聴いて欲しいです。

そしてそして!!
もしかしたら、また例の冊子を配布するかも!!
僅かなニーズに応えるPlat Home Nine社発行のSwitch Back issue Local vol.4!!
お楽しみに。。



曲を作ること

どんな楽しい旅よりも、給料日よりも、おいしいごはんよりも、何よりも、曲の原案が歌詞とともに一気にできた瞬間が一番の充実感を感じる。

今日は1日曲作りをしていた。

珍しく集中力が続き、原案を2曲作ることができた。

自分の作る原案は、だいたい曲の大まかな尺と構成、ギターの2本の絡みの主要フレーズ、ベースのルートとちょこっと+α、歌、コーラスを入れたもので、ここからこの曲は、まずメンバーによってあれこれ足し引きされたりする。ドラムに関しては99%くらい中島に丸投げする。うまくいく曲は、ほぼこの原案のまま、すんなり完成する時もあるが、だいたいが5割くらい原型をとどめず、作り直しを何段階かしていくことが多い。

不思議なもので、歌詞と一緒に曲も同時にできた曲は、バンドに持って行ってもすんなり完成することが多い。

こうして出来た曲たちが、骨が組まれ、肉がつき、血が流れ、それをライブで人に見てもらい、そしてCDとなって形に残り、人様の生活の中へと少しだけ入りこんだりしていくのだ。

この小さな部屋の中で作った歌が、こうして外へ飛んでゆくのは、この上なく感動的なことであり、私はこの瞬間があるから、曲を作って音楽をやっているのだなぁ。


と、ふと原点に戻ったような気持ちになった1日なのでした。

今日の曲たちは、いつ皆に会えるのかなぁ。


11月のライブのお知らせ
11/4(Sun)
渋谷屋根裏

anne (あんぬ)レコ発企画
「休日」
出演
あんぬ/ぴんきり兄弟/Plat Home Nine

START12:00
Charge¥900

なんたって昼間の時間帯です。日曜日だし、チャージも安いのでどんどん遊びにきてくだい!



11/18(Sun)
新宿WildSideTokyo

57pictures presents『solanisism5-ソラニシズム-』

open/start 17:30/18:00
adv/door ¥1,800/¥2,100

57pictures / Plat Home Nine / Pygmalion / If I Ran The Circus / Ending Story of Da~ni_da / DJ:α / art:鈴-suzu-

この日に向けて新曲を作っております。57picturesはとても良いバンドです。良い1日にしたいので是非是非遊びにきて欲しい日です。

ということで、もうあっという間に年末でしょうから、冬支度して行きましょう。


・最近角煮を作って食べました。


september

今日は鉄道の日。
3日間乗り放題の切符も発売されてますが、残念ながら時間もお金も余裕がなさ過ぎて鉄道の誕生日は祝ってあげられないのです。

ああ、遠くへいきたいな。秋晴れの日にひたすら電車に乗りたいな。

というわけで、先日10月11日ワイルドサイドに遊びに来てくださった皆様どうもありがとうございます。

前回横浜でもやった新曲を今回もやってみました。
pygmalionも一緒で、馴染みのある皆にも披露できてよかったです。

この新曲の続編のような曲を今さらに作っております。
今年中にはお披露目出来るかと思います、という目標の上でがんばります。

なかなかメンバーの都合やなんやらで、バンド漬けになれない状況もあったりしますが、この新曲が気持ちをがっちり繋いでくれてるような気がして、大事な曲になりそうです。

デスキャブのベンが「曲を作るのが何よりも大事」だ、というような事を言っとりました。
なんだかつくづくそうだなぁ。と実感します。

出来れば2、3曲取りかかってるストックなんぞがあると、もっと良いのだろうけど、なにせ私は曲を作るのが遅いので、1曲1曲仕上げないと全部適当な感じになってしまうので、地道に仕上げていこうと思う次第であります。


久々にセットリストでも書こうかな。
10/11セットリスト@Wild side tokyo
1 うみびのはな
2 ステイプルソング
3 Around purple rainbow
4 september(新曲)
5 Switch Back


次回のライブ
11/4(日)渋谷屋根裏
あんぬレコ発企画
「休日」
出演
あんぬ/ぴんきり兄弟/Plat Home Nine

START12:00 Charge¥900

昼間のイベントです。日曜の昼にぶらりと遊びに来てくださいよー!

マイ車は当時発電



先週は郡山へ行ってきました〜。

Redd Templeに呼んで頂きプラット初郡山でのライブでした。

今回行きも帰りも運転をしてくれた、o'valencia!のはぎー、本当にありがとう。駐車が本当に鮮かだったわー!

そして現地ではafter the greenroomとも合流し、他のバンドとツアーに来るっておもしろいなぁと思いました。

Redd Templeのリハを見て、我々もリハをして、その後しばし外をぶらついてみました。一人郡山駅の入場券を買って、駅の構内をウロウロ。
窓の向こうを見ると、回転台が!
何か回転台ってすごく魅力を感じるんだよなぁ。


数年前に乗り鉄の旅で訪れた郡山駅。あの頃はまだ震災前でした。常磐線もいわきの先もずっと続いてました。まだRedd Templeとも知り合ってなかったです。この場所で今、ライブができるっていうこと、ただ嬉しいだけじゃなくて光栄というか、あー、やらんといかんなぁと思ったのでした。



ピークアクションに戻っていよいよライブ開始。
途端に緊張してきました。
そしてジャズマスター率が高い!LATESHOWもThe Last Numbersも初めて見たけれど、気合いの入ったライブをしていて、がしがし心に来るものがありました。


そしグリーンルーム。一緒にツアーに来たバンドとして、一番の対戦相手と、勝手に思って見てました。本当に力の籠った、暖かいライブをしてまして、新曲「鈍行列車」も(タイトルからして素晴らしい)渋くてでも、柔らかい感じもあって名曲でした。

そんで我々。
ライブのやった感触とか、演奏がどうだったとか、あまり考えず、ただ一生懸命できた気がする。歌というのは言葉を発するんだから、そこにある気持ちがダイレクトに出るんだろうな。というような事を思ってました。

まさかのアンコールで、うっかり「猫に因る」をやってしまい、これはボロボロでしたね。ごめんなさい。



そして、締めのRedd Temple、まさに貫禄のライブでした。やっぱりホームだけあって、存在感が途轍もなかったです。ここにRedd Temple有り。といった感じでした。

合間でぶざけた皆。小原さんがだいぶ自然です。



打ち上げもしっかりでて、コブラさんの心に残る怖い話を思い出に、夜の郡山の街を後にしたのでした。最後鳥居の続く路地の向こう、みんなに手を振って別れました。

帰りはまたはぎーが安心の運転をしてくれて、感謝感謝でした。


最後に微妙にメンバーが揃わない記念写真です。


皆様おつかれさまでした。そしてありがとうございました。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[03/14 あまのっち]
[03/03 じゅんや]
[12/05 マチルダ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
えのもとみゆき
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright © えのでん : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]